静岡県富士宮市にある、木工房での活動を紹介します
御殿場のサクラ

HAPTIC HOUSE さんでの 冬仕度展「あかりを灯す暮らし」は無事に終了しました。家族で楽しく過ごす時間もあり、気持ち良く会期を終えることが出来ました。感謝しております。

 

サクラの木の「お土産」も。HAPTICさんが薪用として敷地にストックされていたサクラの丸太と、うちの工房で出る木端(薪ですね)を交換していただきました!色々なご縁で木が集まって来るのですが、このようなことは初めてです。

 

 

 

ランプやうつわをつくろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回展示のご案内

 

12月9日(土)22:00〜 WEB個展
YOSHITAKA NAKAYA 2017 

WEB EXHIBITION 〜ランプの灯り展〜
https://komononakaya.base.ec/

 

樹皮付きのランプシェードやチギリ入りのランプ、新作の置き型ランプなどもご用意致しました。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

制作 comments(0) trackbacks(0)
木の調達

先日、飯島ツリーサービスさんの伐採現場より、ヒノキとブナの丸太をいただいてきました。

 

 

木々の間の空間に大きなヒノキが立っていたんですね。下には切株が。

木に登って枝を落とし、上の方からちょん切っていって切り倒す。初めて作業を見せていただきましたが、すごいというか、感動ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒノキの切株

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブナの切株
 

工房にやってきた木々。

木が来ると、とても嬉しいです。

これらを活かすことが自分の役割です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

制作 comments(0) trackbacks(0)
原木(コナラ)の仕入れ

初めて原木を買いました。

 

今まで木のランプ・木のうつわ用の材木はご近所の方々から分けていただいていましたが、とうとう底を尽きました。木のランプ・木のうつわをつくり始めて4年近く、奇跡の綱渡り操業だったわけです(^^)。

 

幸い製紙会社向けの木材チップ工場が近くにあり、そちらに集まっている木の中から分けていただくことができました。そんな土地柄に助けられました。今回はコナラ・290kg。写真は切り口に割れ止めのボンドを塗ったところ。7月末からの、JR京都伊勢丹「日本の職人展」向けの材木となります。

 

重機でつかんだ跡があり皮はボロボロ・ドロドロなのですが、中身はきれい。きれいな木のランプ・うつわになることでしょう。「御殿場・裾野・沼津・富士・富士宮など、近隣の街路樹や宅地造成で出た木」で、どこの木か特定はできないとのことですが、富士山麓の木には間違いないです。

 

 

最近はつくるスピードが早くなったので、使う木の量も多くなりました。より多くの木を活かせればと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

制作 comments(0) trackbacks(0)
JR京都伊勢丹にむけて
塗装前のうつわたち。
ヤマザクラ、コナラ、エンジュのうつわ。

 
JR京都伊勢丹にむけ、塗装中です。
新聞折込 42万部 
チラシの一番いいところに載るそうです。42万部って・・・すご。
隅っこの暗い所でランプ灯そうと思っていたのですが、出展場所も目立つ場所とのこと。
「日本の職人展」とのことで、自分なんかどうかと思うのですが、日本の木を使っているとのことで選んでもらえたのでしょうか?

ともあれ、出身地、京都での初の展示会です。
うつわ、ランプシェードなど、展示予定。

日本の職人展
7月29日(水)〜8月3日(月)
10:00〜20:00(最終日18:00まで)
ジェイアール京都伊勢丹 10F催物場

ずっと会場におります。
京都近辺の方々、よろしくお願いいたします。













 
制作 comments(0) trackbacks(0)
木工展 古きもの・佳きもの・美しきもの
本日より兵庫・豊岡の もくめ屋 さんにて
「木工展 古きもの・佳きもの・美しきもの」
が始まっています。

もくめ屋さんは、昨年9月に刊行された西川栄明さんの著書「一生ものの木の家具と器 東海・北陸の木工家25人の工房」をご覧になり、連絡をくださいました。ありがたいことです。
それから倉敷、名古屋と展示を見ていただき、今回の出展となりました。

工芸品的佳きもの・美しきもののなかで、どうなのかとも思いましたが色々と納品させて頂きました。たくさん送ったので、頭を悩まされているかもしれません・・・。
もくめ屋さんから送っていただいたクルミの木でつくったランプシェードやボウルもあります。ぜひご覧いただけたらと思います。

もくめ屋棟梁、吉村さんの作品も楽しみです!


木工展 古きもの・佳きもの・美しきもの
 岩井 雄介
 大久保 修
 中矢 嘉貴
 吉村 光彦・他
  10月17日(金)〜26日(日) 
  10:00-17:00(期間中無休)
  もくめ屋
  
http://mokumeya.com/
  兵庫県豊岡市出石町安良251-1

「お知らせ」にてランプシェードをご紹介いただいております。
http://mokumeya.com/info/

無事に終了しております。ありがとうございました。














制作 comments(0) trackbacks(0)
「フィールド・オブ・クラフト倉敷」に向けて
5月6日に回復し、仕事を始めております。結局8日間寝込んでしまいました。今年は体調が良かったのですが…、後厄の魔力ですかね。。調子に乗りすぎないようにします。
そんなわけで倉敷に持っていく予定だった「カード立て」と「コーヒーフィルター・ホルダー」がつくれなくなってしましました。楽しみにされていた方がいらっしゃいましたら、すいません。ランプシェードとうつわは十分用意できたと思います。

倉敷では実演をしようと思っていたのですが、ようやく用意が整いました。ランプシェードに施す割れ止め(チギリと言います)の彫りを実演します。彫刻刀やノミを使って、チョウのような形のチギリに合わせて彫り込みを入れます。その後、チギリを打ち込むと割れが広がらなくなります。手間がかかるのですが、意匠的にポイントになりますし、熱的に過酷なランプシェードには必要な技術かと思っています。
子守り?しながらの実演になりますので、時間などはお知らせできないのですが、工程がわかるように展示する予定です。ぜひのぞいてみてください。

昨年の展示の様子をフィールドオブクラフト倉敷のブログ 
 http://field-of-craft.com/?cat=9 に載せていただいております。2014年3月23日の記事です。4月28日にもご紹介いただいております。こちらもよろしければご覧ください。

最近始めたのですが、ランプシェード上側にも光が漏れるように、穴をあけるようにしました。放熱の効果もあるので定番に。そんな細部もぜひ見ていただけたらと思います。












制作 comments(0) trackbacks(0)
富士山がらがら

「富士山がらがら」は静岡・富士市にある「おもちゃのキムラ」さんオリジナルの木製玩具です。
シナとヒノキでできた富士山型の本体の中にはささげ豆が入っていて、振ると優しい音がするのです。
デザインは「YUICHIRO DESIGN」鈴木雄一郎さん、制作は私。木村さんも含めてそれぞれ幼児子育て真っ最中でもあります。

7月の発売後も好評で、先月には「グッドデザインしずおか2013奨励賞」を受賞。
富士山の麓で育ったひのきを使い、富士のデザイナーがデザインし、富士の職人がつくりました。
自宅用にはもちろん、ご贈答にもお部屋のインテリアにも。
税込1890円。 おもちゃのキムラさんで販売中で、ホームページからも購入できます。
よろしくお願いいたします!








                   
              



    
制作 comments(1) trackbacks(0)
BEANS BE...
東京・蔵前のモニャラさんでの企画展です。
全国のマメ好きの皆様、よろしくお願いいたします。

以下、モニャラさんのホームページから引用しました。
 


(esi)monyara-モニャラ-
http://www.esi-monyara.com/

〒111-0051
東京都台東区蔵前4-20-8
東京貴金属會館5階 501

会期 4月27日(土)〜5月6日(月)  30日のみ休み 
時間 平日  16:00〜19:00 
   土日祝 11:00〜19:00

開店当初からモニャラにはイカした豆型アイテムがいくつかあって、人気がありました。
もしや時代は豆型を求めてる?という勘違いからスタートしたこの企画。
モニャラが選んだ色んな作家さんがつくる豆型アイテムをぜひご覧ください。 

豆作家 赤堀友美(陶)、あひろ屋(手拭い)、エゾノコ(陶)、
    木もの|NAKAYA(木工)、月日工房(陶)、
    日々ガラス製作所(硝子)、福田製紙所(和紙)

豆好きもそうでも無い人も是非。



あ、TVで少し紹介していただきました。
本日の夕方、「とびっきり!しずおか」(静岡朝日テレビ)の栗田仁さんのコーナーでした。
我が家と静岡手創り市で撮っていただいた写真でご紹介いただきました。
栗田さん、ありがとうございます!
こはるさんもTVデビューでした。





 

制作 comments(0) trackbacks(0)
器・生活道具 The Good Luck Store
滋賀県彦根市の「器・生活道具 The Good Luck Store」さんにて、お取り扱いが始まりました。
http://goodluckstore.chu.jp/index.html
普段使いの器や雑貨のセレクトが絶妙で、気軽に立ち寄れて心地良さを感じるお店です。

まずは、富士山のふもとで育ったケヤキのサラダボールを納品させて頂きました。
自宅でも使っているのですが、手前みそながら、、、お勧めです。
サラダはもちろん、手巻きずしの酢飯、ちらしずし、炒め物などガンガン使っています。

彦根城の近くなので、立ち寄って見られてはいかがでしょうか。

 









 
  
制作 comments(0) trackbacks(0)
最近気づいたこと
今年は寒いですね。
とよく言われますが、自分としてはあまり寒くないのです。
なんでだろう、と思っていたのですが、最近ようやく判明しました。

旋盤作業をしていると、あまり寒くないのです。

「旋盤はグルグルまわって風が来るし、機械の前で動かずに
じっとしているので寒いに違いない!」と思い込んでました。

違うのです。旋盤は思ったよりチカラがいるのです。
ただ機械の前でじっとしているだけではないのです。
刃物が飛ばされないように、グッとチカラを入れ続けなければ、
木にはじかれるのです。木の塊と格闘しているのです。

そして、刃物をとっかえひっかえ、しょっちゅう研ぎもしなければ、
チェンソーで丸太をぶった切ったり、、、と忙しくて、寒さを感じない
のです。

冬の旋盤作業は寒さ知らず・・・というお話でした。
夏はどうなるんやろ?





制作 comments(0) trackbacks(0)
| 1/11 | >>