静岡県富士宮市にある、木工房での活動を紹介します
木のうつわ(白)
何だかよく分からない写真ですいません。ヒノキのうつわを白く塗りました(写真左側)。
薄白く木目が透けているようにしたかったのですが、これが難しい。
様々試した結果、「白着色剤+ウレタン」の仕様となりました。

水分がしみ込むので、乾物用かオブジェとして。



以前ならつくらなかったモノかなと思います。
みずのそら 前オーナーの「木を白く塗ったの、好きなのよね」「ランプだけじゃなくて、うつわもやろうよ。うつわとして使えなくてもいいから」「中矢さんはこれで世に出ていくような気がします」という言葉だけが残って、ギリギリまで自問自答でした。
これで何かができたとは思わないけれど、壁は一つ越えたような気がする。少し自由になれたというか。これから、もっと
自分の中からいろいろ出てくるんじゃないかな。

みずのそら での個展に向けて、5つできました。
見てください。









 
mono comments(0) trackbacks(0)
木のランプ・木のうつわ
木のランプシェード

30個くらいあります。









木のうつわ

120個くらいだったかな?

その他たくさん、大阪に持っていきます!











 
mono comments(0) trackbacks(0)
木のライト/新作
木のライト(ヤマザクラ/ケヤキ)
直径:約17cm
高さ:約40cm
E17白熱電球(40W)


木のデスクライト(ヒノキ/ケヤキ)
台座直径:約15cm
カサ直径:約12cm
高さ:約37cm
E17白熱電球(40W)


木の卓上ライト(ヒノキ(白塗装)/ケヤキ)
直径:約26cm
高さ:約40.5cm
E17白熱電球(40W)


木の卓上ライト(ヒノキ(白塗装))
直径:約24cm
高さ:約20.5cm
E17白熱電球(40W)


新作の木のライトたちです。
まだまだつくりたいものはありますが、カタチにできたのは進歩ですね。
お披露目できて嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


つなぐ日本のものあわせ
 9月16日(水)〜22日(火・祝)
 16・17日 10:00〜20:30
 18~22日 10:00~21:00
 大丸梅田店 1F 東 イベントスペース
 http://www.daimaru.co.jp/umedamise/monoawase/






 
mono comments(0) trackbacks(0)
木のランプシェード/光透
 木のランプシェード(モチノキ)
直径:約23.5cm
高さ:約8cm
E17白熱電球(40W) 



 木のランプシェード(ヒノキ)
直径:約26.5cm
高さ:約9cm

E17白熱電球(40W) 


 木のランプシェード(コナラ 樹皮付き)
直径:測るの忘れました
高さ:測るの忘れました
E17白熱電球(40W) 



 木のランプシェード(モチノキ)
直径:約23.5cm
高さ:約14.5cm

E17白熱電球(40W) 
緑に塗装しています


つなぐ日本のものあわせ
 9月16日(水)〜22日(火・祝)
 16・17日 10:00〜20:30
 18~22日 10:00~21:00
 大丸梅田店 1F 東 イベントスペース
 
http://www.daimaru.co.jp/umedamise/monoawase/







 
mono comments(0) trackbacks(0)
木のランプシェード/穴あき
少しづつでは間に合わなくなったので(早すぎ 笑)、穴あきランプのまとめ。

 木のランプシェード(エンジュ)
直径:約20cm
高さ:約5cm
E17白熱電球(40W)  
  

  木のランプシェード(エンジュ)
直径:約24.5cm
高さ:約8.5cm
E17白熱電球(40W)    


  木のランプシェード(クリ)
直径:約24cm
高さ:約6cm
E17白熱電球(40W)


穴が開いているものはまだまだありますが、このくらいで。

エンジュ(槐)という木は中国原産で、庭木や街路樹などに使われるそう。
中国では権威と出世を象徴する木とされているそうです。
エンジュ=槐 と書くとコワそうですが、日本ではお面を彫刻して鬼門に置き、魔除けとしていた縁起木だそうです。
エンジュ=延寿 という当て字もあり、長寿や・安産の御利益がある縁起のよい木でもあるそう。
あくまでも人間が勝手に色々と考えた事柄なのでしょうが、良い事ばかりですね。
そう思わせるようなものがこの木に宿っていると考え、今回は無駄が無いように使い切りました。
あまり手に入らない木なので、希少価値もあるように思います。


つなぐ日本のものあわせ
 9月16日(水)〜22日(火・祝)
 16・17日 10:00〜20:30
 18~22日 10:00~21:00
 大丸梅田店 1F 東 イベントスペース
 http://www.daimaru.co.jp/umedamise/monoawase/












    

 
mono comments(0) trackbacks(0)
木のランプシェード(クリ 
少しづつ、少しづつ、木のランプシェードをご紹介。

こちらのクリの木のランプは、大きいE26サイズの照明器具を付けています。60Wの電球・蛍光灯電球・LEDが使えるので、E17(40W)の器具より明るくなります。
「より明るく」というご要望はずっとあったのですが、既製の器具では合うものがなくて困っておりました。今回は真ちゅうの特注品。限定1個!とっても良いので、大きな木のランプをつくった際は定番にしようかな。

削っている最中に、木の芯の周辺が抜けました。木工旋盤で回転させながら削るので、下手をすると破片が飛んできます。安全のために、取れてきそうなところは先に取ってしまいます。
でもそうすると、刃物を当てた時に木がある所とない所が交互に出てくるので、非常に削りにくい。薄くするのは非常に困難。そんな制作側の事情もあり、少し厚めの仕上がりですが、抜けた部分の存在感が増して良いのかな。

木のランプシェード(クリ)
直径:約31cm
高さ:約14cm
E26白熱電球(60W)


つなぐ日本のものあわせ
 9月16日(水)〜22日(火・祝)
 16・17日 10:00〜20:30
 18~22日 10:00~21:00
 大丸梅田店 1F 東 イベントスペース
 http://www.daimaru.co.jp/umedamise/monoawase/









 
mono comments(0) trackbacks(0)
木のランプシェード(ヒノキ 
ヒノキは光が透けやすい。
でも木の取り方によって、透けたり透けなかったり。同じ丸太からつくっても、同じにはならない。
そんなところに翻弄されたりもするけど、「色々あって良い」と考えると気が楽になった。もともと均一な素材ではないので、当然なのです。

というわけで、今後も世界にひとつだけの「木のランプ」をお届けしていきます。


こちらは大きなヒノキのランプ。

木工旋盤で削ったあと、さらに薄くするために外側を削り込んでいます。なので、外側にはすこし凹凸が残っています。
つたない写真ではなかなか表現できませんので、実物は大丸梅田店で。

木のランプシェード(ヒノキ)
直径:約33cm
高さ:約12cm
E17白熱電球(40W)


つなぐ日本のものあわせ
 9月16日(水)〜22日(火・祝)
 16・17日 10:00〜20:30
 18~22日 10:00~21:00
 大丸梅田店 1F 東 イベントスペース
 http://www.daimaru.co.jp/umedamise/monoawase/













 
mono comments(0) trackbacks(0)
試験点灯中
     
mono comments(0) trackbacks(0)
ナベシキ
折りたたみ式のナベシキです。

2重掛けしたゴムひもで、3つの部材を束ねてあります。

開いた状態です。
三角の突起を溝に差し込むと、ゴムひもの引っ張る力でとまります。

板状のナベシキって、結構な大きさがあって邪魔になりませんか?
簡単に収納できて、場所をとらない。使用時もすっきり。お勧めです。


カトラリーケース

ふっくらした四角形が好きなので、そんなカタチをしています。つくるのたいへんだけど、好きなのだからしょうがない。
毎回そんなことを考えながらつくっています。


まだまだご紹介しきれない「あんなもの」や「こんなもの」を持って明日(5/11)、倉敷に向け出発いたします。
フィールドオブクラフト倉敷
テントが小さいのに、充実した品ぞろえとなりました。
晴れ展示!できそうで、楽しみにしています。
    
mono comments(0) trackbacks(0)
カード立て
フィールドオブクラフト倉敷 に向け、小さきモノの制作に励んでおります。
制作中のものを、少しづつご紹介しますね。

カード立て

磁石で写真や名刺、絵葉書などを挟み込んで立てることができます。正面から見ると「家型」。横から見るとカードを突き抜けている!ようにも見えます。
ちょっとしたスペースで、シンプルに可愛くディスプレイできるのが人気です。

さて、ここからが本題かも・・・。
つくり手としては、2つのパーツの木目がつながっていることを強調したいのですが、使い手としてはあまり気にならないところ・・・。当然と思ってしまいますが、大変な手間なのです、よ。
一度に200個くらいつくるのですが、切った後にバラバラにならないよう2つのパーツをセットとして扱うことの面倒なこと・・・。切った後の工程は、、、磁石用穴あけ、磁石取付、面取り(角を落とす)、塗装。バラバラにならないように専用の箱までつくりました、よ。

そんなつくり手のボヤキは置いておくとしても、使って楽しい カード立て です。

今後は、印鑑ケース、コーヒーフィルターホルダー、朱肉ケース(まめ)、鍋敷きなどをつくる予定です。ほんとに出来るのかな。。。出来るだけ紹介していきます!

追記)このカード立ての切れ端を5個まとめてパックした、「いえたち」も人気です。
   5軒の家で、「いえたち」。。。植木鉢や窓枠などに置くと可愛い、小さき家。¥420
   カード立ては¥630です。
mono comments(2) trackbacks(0)
| 1/5 | >>