静岡県富士宮市にある、木工房での活動を紹介します
朱肉ケース
まめ型の朱肉ケースです。

ツルッと磨いてあり、微妙に使いにくいのですが、人気です。フタは磁石でしっかり閉まりますので、安心して使っていただけます。

写真左から、カリン、ブラック・ウォールナット、サクラ、メープル。赤まめ、茶豆、オレンジ豆、白豆。
その時々、いろんな木を使ってつくります。

朱肉がなくなったら、市販の補充液を数滴足せばまた使えます。
デスクに入れておいて、さわって癒されるお客様もいらっしゃるとか・・・。
見て、さわって、使って楽しめる朱肉ケースです。

朱肉ケース(まめ):¥1,890

工房では、こんなものも出来上がっています。
コーヒーフィルターホルダー


  
    
制作 comments(3) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








はじめまして*

少し前になりますが、豆型の朱肉ケースを岐阜市の長良川フレーバーで購入しました。
見た瞬間に、豆好きな友人にプレゼントしたら絶対喜ぶ!と思いまして・・・。
そして、サプライズで友人に贈ったところ、とても喜んでくれました。
友人は朱肉無しの印鑑ケースに印鑑を入れていたそうで、正にピッタリな贈り物になりました。
私もそのうち、自分用を持ちたいと思っております。
(予算の都合上、自分用は我慢して帰ってきました)

購入した時、お店のスタッフさんに作家さんをお聞きしたのですが、
「 ナカヤさんという方です 」 としか教えていただけず・・・。
ホームページなどをお持ちかどうかも「さぁ?」でした。
で、諦めて「ナカヤさん。豆型朱肉ケース」 で検索をかけた所、
コチラにたどり着き、日記を遡ってようやく「この人だ!」となりました。
どんな方が作っているのか私は知りたい人なので、たどり着いてホッとしております。

また素敵な作品、楽しみにしております**
from. yumi++ | 2012/08/19 14:13 |
yumi++ さま

見つけていただき、ありがとうございます。
富士山麓、静岡の富士宮で制作しております。

まめ型はつくるのが難しいのですが、少しづつ改良して
ようやく気持ち良くつくれるようになったところです。

嬉しいコメントをいただき、励みになります。
ありがとうございました!
from. Nakaya | 2012/08/20 07:17 |
管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2013/08/20 16:28 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://komono-nakaya.jugem.jp/trackback/258
<< NEW | TOP | OLD>>