静岡県富士宮市にある、木工房での活動を紹介します
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
木のランプシェード(ヒノキ 
ヒノキは光が透けやすい。
でも木の取り方によって、透けたり透けなかったり。同じ丸太からつくっても、同じにはならない。
そんなところに翻弄されたりもするけど、「色々あって良い」と考えると気が楽になった。もともと均一な素材ではないので、当然なのです。

というわけで、今後も世界にひとつだけの「木のランプ」をお届けしていきます。


こちらは大きなヒノキのランプ。

木工旋盤で削ったあと、さらに薄くするために外側を削り込んでいます。なので、外側にはすこし凹凸が残っています。
つたない写真ではなかなか表現できませんので、実物は大丸梅田店で。

木のランプシェード(ヒノキ)
直径:約33cm
高さ:約12cm
E17白熱電球(40W)


つなぐ日本のものあわせ
 9月16日(水)〜22日(火・祝)
 16・17日 10:00〜20:30
 18~22日 10:00~21:00
 大丸梅田店 1F 東 イベントスペース
 http://www.daimaru.co.jp/umedamise/monoawase/













 
mono comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>